wordpressインストール続き

ここからは練習も兼ねてubuntuで。
aptana3がリリースのようなので、ベータ版からアップデート。

コマンドを立ち上げて、SSHでログイン。
前にも書いたけど、
ssh -2 -p 1234 username@IP-addr
で。
tar.gzの解凍は
tar -xzvf file_A.tar.gz
何回でも忘れる・・・。

目的のフォルダの下にwordpressフォルダが作成され展開されたので、ルートに移動。
mv wordpress/* ./

合ってた。よかった。

続いてIDEで環境設定。
Aptanaでワークスペースを作成、SFTPを設定。
さっきアップした、wordpressのtar.gzだけダウンロードして、解凍、ファイル移動。
準備完了。

wordpressの設定ファイルをAptanaで編集してアップ。
wp-config-sample.phpをwp-config.phpにリネームして内容を編集。
編集内容はファイルの中身を見れば簡単なので省略。

作業用に作成したサブドメインのルートにブラウザからアクセスして、必要事項を記入。
インストール完了。

今回はここまで。

しまった。
インストールしてからIDEに展開だった。
次回はそこから。

wordpressをインストール

腰の調子が良いので、作業を進める。
お料理教室のサイトのデザインがほぼOKなので、サイト構築に入る。
構成は現行サイトそのまま。
基本デザインと、サーバー移転のためPHP4からPHP5に変更、DB接続を
いつも使っている接続用クラスに置き換えて再作成。

http://ja.wordpress.org/

からワードプレスの最新版を入手。
ボタンの下にあるリンクのtar.gz形式を選択。

いつもダウンロードしたファイルをIDEに展開して、IDEのFTPでアップしてたけど
レンサバだとファイル数が多すぎてプチプチ切れるので。
tar.gzでアップしたあと、SSHで入ってからコマンドで解等。
こっちの方が早いし確実。

そのまえにレンサバでwordpress用のDBを準備しておかないと。
hetemlは100個もデータベース使えるので気兼ねしなくて良いのが嬉しい。

データベース作成したら、ヴァーチャルホストで使うお料理教室用のフォルダを作成。
サイトが完成するまでは、適当なドメインのサブドメインとして作業。
どのドメインにしようかと思ったけど、このブログ用に取ったドメインが無難だ。
設定したので、伝播されるまで作業は休憩。

秋までに

サイトを二つリニューアルしたい。

片方は、カスタマイズ落ち着いたのでしばらくはデータの移行作業。

・・・マニュアル作業。

もう片方は、苦手なデザインに苦闘中。

お料理教室のサイト

レイアウトとか、大分直したいところがあるので、リニューアルの予定。

CMS機能を入れたいけど、慣れているwordpressにするか、勉強もかねてCakePHPにするか考え中。

Railsは今使ってるレンサバでは使えないし。

その前に一番苦手なデザインをしないといけないのが、苦痛。

元のを活かしつつにすれば、何とかいけるかな・・・。

いいねボタン

facebookの「いいね」ボタンはちょっと面倒。

http://www.facebook-japan.com/iine.html

に解説がある。
解説の通りにすれば作れるし、私は以下のようにした。

「iframe」か「XFBML」か

XFBMLを選択した。
こちらは、自動的にサイトのアドレスとか、タイトル を取得してくれるから。
この場合、上の解説の①は空っぽでOK。

ページの情報がちょっと古くて、javascriptのSDKが必要と書いてあるが、不要。

出来上がったコードの、「en_US」となっているところを、 「ja_JP」にすれば日本語になる。

あとは、サイトに貼ればOK。

解説不要の方はこっち。

http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/

tweetボタン

twitterのウィジェットと同じく、

http://twitter.com/about/resources

で作れる。

種類選んで貼るだけだから、簡単。

「フォローするのにおすすめのユーザー」には、アカウント持ってればデフォルトで自分のが入るけど、消して空っぽにしてもOK。

他の人のサイトも作っているので、そんな場合とかにね。

twitterのウィジェット

twitterのウィジェットを、カスタマイズ中のサイトに入れる。

ウィジェットを作るのは、とっても簡単。

http://twitter.com/about/resources

で作れる。

表示するtweetは、自分のものでなくても作れる。

他人のアカウントのもの、任意のキーワード、ハッシュタグ、何でもOK。

自分や他人のアカウントで作る場合は、「プロフィールウィジェット」、キーワードやハッシュタグで作りたい場合は、「検索ウィジェット」を選ぶ。

あとは、色とかサイズとかを選ぶだけだから、簡単。

出来上がったらソースをコピーして自分のサイトに貼り付けるだけ。

私はテーマの構成ファイルに直接貼り付けるけど、wordpressのウィジェットにjavascriptが書ければ、いけるのかな?

そもそもプラグインでもある気がしてきた。

facebookはtwitterと連動しているけど、ウィジェットに変えてみようかな。

 

wordpress

以前やりかけたwordpressのカスタマイズを再開。
(ちなみに面倒なのでこのブログはカスタマイズしてない)
このブログを始めたのも、再開したら色々忘れてて、備忘録つけようと思ったのがきっかけ。
残したことが、私のようにエンジニアでもないのに色々やらないといけなくて、困っている人の役に立てばいいしね。
書くのは作業の途中からだから、あまり役に立たないかもしれないけど・・・。
しかも、カスタマイズして作るのは普通のサイトだから、いじんないファイルも多いし。

とりあえず、ページの構成が作りたいページの構成に似ているテーマを見つけてカスタマイズ。
カスタマイズでは、なるべくテーマのみいじる。
どうしてもコアファイルをいじる場合は、wordpressのアップデートの再に上書きされる恐れがあるので、忘れずにメモっておこう。

テーマファイルは、大体こんな構成

index.php トップページ
single.php 記事の個別ページ
function.php テーマで使用されているfunctionがある。自作のfunctionもここに書けば、テーマ内の各ファイルで呼び出せる。
archive.php えーと、カスタマイズしているのが普通のサイトなので、使ってないな。
page.php これもだな。投稿じゃなくて固定ページのほうかな。
headre.php 各ページ共通のヘッダー部分。
footer.php 同じくフッター部分。見りゃわかるよね。

CSSやJS、imgもなるべく同じテーマのフォルダ内に置く。