バーチャルホストを設定

ubnutuでバーチャルホストを設定する覚書。
最低限の手順。

手順

  1. ディレクトリの作成
  2. 設定ファイルの作成
  3. サイトの有効化
  4. apache2の再起動
  5. hostsファイルの編集

今回は仮に「test1」という名前で作成する。

1.ディレクトリの作成
任意の場所にディレクトリを作成。
私は /var の下層に作成。

sudo mkdir /var/test1

2.設定ファイルの作成
/etc/apache2/sites-available 内に、設定ファイルを作成

sudo gedit /etc/apache2/sites-available/test1

viは苦手なので、geditで起動。

<VirtualHost *:80>
    ServerName test1
    DocumentRoot /var/test1
    <Directory /var/test1/>
        Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        allow from all
    </Directory>
    ErrorLog /var/log/apache2/error.log
    # Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
    # alert, emerg.
    LogLevel warn
    CustomLog /var/log/apache2/access.log combined
</VirtualHost>

test1の部分をそれぞれのサイト名やパスに合わせて作成する。

3.サイトの有効化

sudo a2ensite test1

4.apache2の再起動

sudo /etc/init.d/apache2 restart

5.hostsファイルの編集

sudo gedit /etc/hosts

hostsファイルを開いて

127.0.0.1	localhost
127.0.0.1	test1
以下略

test1を追加する。

これで一通り完了。
この後アクセスして確認すればいいけど、index.htmlくらいは置いておきたい。
作業の都合上面倒なので、ディレクトリの所有者を自分にしておくと楽。

その後アクセスして表示されれば成功。