Aptanaが。

ダメだ。
ここ二回の自動更新で二回とも起動しなくなった。
もう、いちいち対応を調べるのも面倒。
インストールし直すのも面倒。
NetBeansに乗り換えかな。

EC CUBEをカスタマイズ

バージョンが上がってから触ってなかったので、練習。
既存のサイトをベースにEC CUBEで一サイト作成。
約1年ぶり。

まず、エディタを少々いじる。
EC CUBEは、Smartyを利用しているので、この中のテンプレートファイルを色々とカスタマイズすることになる。

このテンプレートファイルの拡張子が.tpl。
初期状態では、Aptanaがこの拡張子を単なるテキストファイルと認識して、強調付けをしてくれないので、設定を変える。

「ウィンドウ」- 「設定」を選択。
「一般」-「エディター」-「ファイルの関連付け」を開く。

「ファイルタイプ」の「追加」をクリックして、.tplと入力しOKをクリック。
.tplがファイルタイプに追加される。
追加された.tplを選択した状態で、「関連付けられたエディター」の「追加」をクリック。
「内部エディター」を選択し、「PHP Source Editor」を選択し、OKをクリック。

aptana

完了。

EC CUBEでは、「data」フォルダを非公開ディレクトに、「html」を公開ディレクトリに設置するため、Aptana側では2つ分のプロジェクトを設置して準備する。

色々とトラブル

Aptanaで新規プロジェクトを実行しようとしたら、エラーを吐いてプロジェクトを追加できない。
調べるのもメンドイので一度Aptanaを削除して再インストール。
その後、再度日本語化。

IE8からIE9にアップデートしたら、英語版にしやがった。
こちらも削除して再インストール。

IE9にした目的は、F12開発ツールの「ブラウザモード」を使ってみたいと思ったこと。
これが良ければ、IE Testerは不要になる。

・・・。

結論から言うと「使えません」。

1、ブラウザモードにIE6が無い!
これが一番の負の遺産だろうに!!

2、ちゃんと表示しない。
IE Testerの方がちゃんと表示します。

ということで、一番の目的がまるっきり果たせてないので、使うことはないでしょう。
時間損した。

DropBox

Aptanaのローカルのファイルを、全部DropBoxに移動した。

本来、SVN系をセットアップすべきだけど、これらのファイルは自分しか作業しないので。

その前提で、デスクトップとラップトップでデータを共有したかった。

DropBoxはローカルファイルがオンラインのストレージと同期されるのがよい。
オンラインストレージのみだと、どうも不安だし。
バックアップという意味でも、良いと思う。

そこそこの数のプロジェクトを再度セットアップしたので、結構時間かかった。
おかげで、作りかけで中止したモノを全て外せたので、すっきりした。

データサイズはそこそこだけど、何せファイル数が多いから、完全に同期が終わるまで時間がかかりそうだな。

AptanaでSubversion

ノーパソとデスクトップで主に開発しているため、subversionが使いたくなった。
無料のSVNホスティングを利用する。
無料だとmercurialやgitを選択できないらしいので、素直にSVNを選択する。

こちらのサイトを参考に、Aptanaをセットアップ。
http://snfactory.blog54.fc2.com/blog-entry-54.html

セットアップ完了。

Aptanaの日本語化

メインで使っているIDE、Aptana。
英語のままでもだいぶ慣れたのだけど、やはり日本語の方が安心する・・・。
というわけで日本語化。

Aptanaを終了しておく。


http://mergedoc.sourceforge.jp/

にアクセスして
Pleiades 本体ダウンロード
からダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍し、
features
plugins
の中身をコピーする。

コピー先は・・・
Aptana本体のインストール先にある、
features
plugins

それぞれ、中身をそのままコピー。

最後に、
同じ場所にあるAptanaStudio3.iniをテキストエディタで開き、
一番最後に
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
を追加して保存。

Aptanaを起動して日本語化されていれば成功。

こちらを参考にさせていただきました。
http://studio-fun.net/2011/02/13/839/

まずは普通にコーディング

友達にも会ったし、部屋も掃除したし、必要な買い物もしたし、十分だらけたので、作業再開。
作成したデザインから、まずは普通にコーディングを開始。
ベースがwordpressなので、うまくいくかは分からないが、可能な限りHTML5で。
CSS3も取り入れたいが、まだまだ勉強不足だから、少しずつ。
位置系のものは、崩れたときの直しが大変なので今回はパス。
装飾系をメインに試みる。

今日の目標はトップページのコーディング完了。

うーん、Aptanaからのファイルアップが不調でペース狂うな。

とりあえず、上部の画像スクロール部分まで出来た。

休憩。

カスタマイズ元のthemeを探す

環境が整ったので、カスタマイズしやすそうなテーマを探す。
ちなみに、themeはテーマって発音しない。
イギリス行って、セーマだかスィーマだか言われて最初ポカンとした。
そのあと自分でもテーマと発音しないようにすんのが面倒だった。

テーマは、なるべくシンプルなのがいい。
このブログのよりもっとシンプルなのがいい。
検索して探す。

ダウンロードしてファイル名を変えて、アップしてSSHで入って解凍。
IDEのほうにも解凍して展開。

ありゃ、zip解凍したら、リネーム前の名前に戻ったぞ?
解凍はunzip ファイル名
仕方ないので、もう一度リネーム。
mv 元の名前 変えたい名前
不要なファイルを削除。
rm 削除したいファイル。
ディレクトリ丸ごとは、rm -R ディレクトリ名

今日はここまで。
明日からは画像系なので、しばらく更新ないかな。

IDEと同期

Aptanaには便利なシンクロ機能があるけど、レンサバだとプチプチ切れて使えない。
前回の続きで、webサーバ上のファイルを丸ごとtar.gzで固めてダウンロードして、
IDEの作業フォルダに展開する。

さて、毎回忘れるtar。
固めるのは、
tar -cvzf file_B.tar.gz dir_A

圧縮できたのでダウンロード。

展開して完了。

今日はここまで

wordpressインストール続き

ここからは練習も兼ねてubuntuで。
aptana3がリリースのようなので、ベータ版からアップデート。

コマンドを立ち上げて、SSHでログイン。
前にも書いたけど、
ssh -2 -p 1234 username@IP-addr
で。
tar.gzの解凍は
tar -xzvf file_A.tar.gz
何回でも忘れる・・・。

目的のフォルダの下にwordpressフォルダが作成され展開されたので、ルートに移動。
mv wordpress/* ./

合ってた。よかった。

続いてIDEで環境設定。
Aptanaでワークスペースを作成、SFTPを設定。
さっきアップした、wordpressのtar.gzだけダウンロードして、解凍、ファイル移動。
準備完了。

wordpressの設定ファイルをAptanaで編集してアップ。
wp-config-sample.phpをwp-config.phpにリネームして内容を編集。
編集内容はファイルの中身を見れば簡単なので省略。

作業用に作成したサブドメインのルートにブラウザからアクセスして、必要事項を記入。
インストール完了。

今回はここまで。

しまった。
インストールしてからIDEに展開だった。
次回はそこから。